カテゴリ:health( 4 )

やっぱりジェイミー・オリバーに注目(その2)

c0092842_195955.jpg

(昨日の続き)

2005年3月、政府はイングランドの学校給食問題取組みに向け£280m(約6億円)出資することを表明した。オリバーはこの増資によってこの国のすべての子供たちが変わるだろうと述べている。

彼はこう付け加える。「確かにこれはいいニュースなんだけど、あと20年早くしておくべきことで、TV番組がこの動きを後押ししたってことは残念だよ。あれはドキュメンタリーなんだ。実際に僕が撮ったのは子供たちや家族の心や感情なんだ。あいにくそれが国家の心を打ったということになったんだ」。

キャンペーンを通して、オリバーの人となりは劇的に知れ渡り、数々のTV賞によってもその努力は認知されてきた。

彼はチャンネル4が選ぶその年の“最も影響力のある政治家”に選ばれ、ブレア首相やボブ・ゲルドフと並んでリストアップされた。

しかし月曜日に行われた健康的な学校給食のガイドラインの導入でもってしても、オリバーの戦いはまだまだ終わらない。

今年の5月、“ジェイミーの学校給食“が2つの英国映画テレビ芸術協会賞に選ばれた一方で、オリバーは彼の発言がキャンペーンにおいて全く進んでいないことに不満を表した。

彼は歴代の教育担当大臣がことを先延ばしにするために、こぞって使うくだらない言い訳 - 「今まさに着手したところだ」 - を非難している。

オリバーは今月末に特番で放送される“ジェイミーが学校給食に帰ってきた”の中で、キャンペーンの進展を振り返ることになっている。

大臣たちは注意したまえ。

オリバーは政府が約束hした学校給食における多くの改善が未だ成されていないことについて議論するのを楽しみにしているのだ。


がんばれジェイミー!ってとこでしょうか。今後も彼のニュースはピックアップしていきたいと思っています。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-08 01:10 | health

ジェイミー・オリバー

c0092842_1164361.jpg

Oliver’s school meal crusade goes on
The introduction of guidelines on meals for pupils in England marks the culmination of a campaign for healthier food in schools, spearheaded by TV chef Jamie Oliver. (2006/09/04 17:05 GMT 18:05 UK)
イングランドの学校給食における指針の導入は、TVシェフ、ジェイミー・オリバーが率先して行っているキャンペーンの成果の表れである.

このブログ初めて数えるほどの投稿数なのですが、イングランドの食生活に関する記事の紹介はすでに3つ目。出てきましたジェイミー・オリバー。彼のレシピ本を楽しく読ませていただいている私としては、肩入れしてしまいます。彼に対するレスペクトの意味をこめて今回はほぼ全訳に挑戦。あまり推敲している時間もないので、変な日本語はご勘弁。

オリバーはFeed Me Better(ええもん食わして)キャンペーンを2005年にスタートさせた。これはイングランドの多くの学校で出されているジャンクフードにぞっとさせられたことが発端だ。

チャンネル4局の“ジェイミーの学校給食”では彼は子供たちを説得してチップス(フライドポテト)、ハンバーガーといった体に悪い食べ物以外のものを食べさせようと奮闘している様子が映し出された。

番組の中でかれは生徒の食事に少しの額しか費やしていない学校もあるということを示した。

Feed Me Betterキャンペーンによってオリバーの学校給食改善の申し立てを支持する271,677人の署名が集まり、それは正当にDowning Street(首相官邸or英国政府)に手渡された。

多くの視聴者が関心を寄せたこの番組は、親たちや政治家たちの双方の理解をも得ることなり、キャンペーンはほどなくして弾みが付き始めた。

まず、関係者は学校給食に加工食品を出すのを禁止するよう求めた。学校給食にかける平均的な費用はたった45ペンス(100円くらい)であり、これは受刑者の4分の1程度だというのだ。

しかしオリバーがTurkey Twizzlers(イギリスの子供が大好きな加工食品)やフライドポテトを、サラダ、果物、質のよい肉類などに置き換えようとする試みに大きな前進が見られたのは2005年3月、トニー・ブレア首相が子供たちのために学校給食を見直すことを誓ったときだった。

首相は健康的な食事を提供するために必要な施設を学校に作るためにより多くの基金が与えられることを提案した。

しかしオリバーの運動は順風満帆ではなかった。

オリバーが脂肪分が多すぎだと指摘し、よくない評判が立っていたTurkey Twizzlersの売り上げが伸びていたのである。

オリバーは、Twizzlersは子供の健康にはよくないと言っているが、製造元のバーナード・マシューはこの加工食品は豚肉ソーセージの3分の1しか脂肪分が含まれていないと述べている。


(つづきは明日以降)
[PR]
by twotwothree | 2006-09-07 01:14 | health

おいしくなるかな?学校給食

c0092842_0365388.jpg

Chips down as school term starts
Pupils in England are being presented with healthier choices on the school dinner menu and in vending machines. (Monday, 4 September 2006, 04:55 GMT 05:55 UK)
イングランドの生徒たちは学校給食のメニューや自動販売機で、より健康的なものを選ぶように迫られている。

「迫られている」というと語弊があるかもしれませんが、大好きなクリスプス(ポテトチップ)などを減らされて、代わりに果物や野菜を多く採らされる子供たちにとってはそう感じてしまうかもしれません。イングランドにおける子供たちのひどい食生活を学校給食から見直していこうというこの試み、火付け役はやっぱりこの方、ジェイミー・オリバー。個人的にこの人の料理本は読んでて楽しいし、写真もきれいだからお気に入り。

ちょっと前にイングランドの肥満問題についてのニュースを取り上げて、その対策はもっと具体的にしたほうがいいのでは?と書きましたが(ここ)、今回はちゃんと具体策が挙げられていました。

The sale of sweets, fizzy drinks and crisps is being banned water and fresh fruits should be available.
お菓子、炭酸飲料、ポテトチップスは販売禁止で、水や果物はいつでも採れるようにしておくべし。

Other key measures include:
その他には・・

>Not less than two servings per day of fruit and vegetables
>Oily fish should be served at least once every three weeks
>Bread should be available every day
>Free, fresh drinking water should be available
>Salt should not be available at lunch and ketchup and mayonnaise should only be served occasionally and only providing they meet minimum standards for meat content
>The only savoury snacks available at lunchtime should be nuts and seeds with no added salt, fat or sugar.

2番目のオイリー・フィッシュは奨励されているようで、なんで?と思ってしまうんですが、脂っこい肉よりは魚の脂分を採りましょう、ってことかな?
食卓に塩はないんですね。濃い味に慣れたこどもには、薄味はおいしく感じないかも。スナックの種類も制限されるみたいです。まあこれくらい具体的に策を講じればぷくぷくした子供もちょっと減ることでしょう。

子供たちの食生活を改善し、教育を促進する目的で2005年に設立されたThe School Food Trustの代表者は次のように言っております。

第一に、健康的な食生活をすれば、健康的になるだろうし、
第二に、生徒たちの行儀もよくなるだろうし、
第三に、さらに成績も上がるだろう・・・

・・・楽観的です。
でもポテトチップスや脂ぎった肉で作られる脳よりも、ビタミン、ミネラルたっぷりの野菜や果物で作られる脳のほうがフレキシビリティーは高いようなイメージあります。

でもちょっと心配事もあるようです。

There are some concerns that the cost of meals will increase and that cutting back favourite foods will mean more pupils bringing in their own food.
食費の増加すること、そして大好きなものを無くしてしまうことで、余計に持ち込みが多くなってしまうんじゃないかという心配がある。

子供たちはなかなか理屈では納得しないだろうから、ヘルシーな食べ物がよい、という認識が浸透するまでは時間がかかりそうですね。ここはやっぱりジェイミー・オリバーに頑張ってもらって、健康的でなおかつ「素晴らしくおいしい!」給食を作ってもらいましょう。日本食も大好きな彼ですから、「納豆」なんていかがかと(笑)
[PR]
by twotwothree | 2006-09-05 00:31 | health

イングランドの肥満問題

c0092842_1201820.jpg

England to have 13m obase by 2010
More than 12m adults and one million children will be obese by 2010 if no action is taken, a report by the Department of Health is predictiong.
厚生省(?こういうのどう訳せばいいのか)は、もし何も対策を採らなければ2010年までに120万人の大人、10万人の子供が肥満になるだろう、と発表した。
(2006/08/25 10:22:54 GMT)

これは"most accurate extimate so far"なんだそうです。ここ何年かの肥満人口の増加を計算して、4年後の割合を推定していのでしょうからかなり信憑性ある数字ということでしょうね。確かに街を歩いているとぽっちゃり型の人が多いです。fatというとかわいそうなのでchubbyと言っておきましょう。小学生くらいまでの子供は細くてほんとにかわいいのに、なんで高校生くらいになると、あんなになっちゃうんでしょうね。私の印象ではchubbyな人は女性の方が多かったように思います。そういう人にかぎってヘソを出して歩いているんですよ。ジーンズの上にお腹を乗っけてる人のなんと多いことか。

イギリスではお弁当にハムとチーズをはさんだだけのサンドイッチとか、ポテトチップとか持たされる子供たちが多いということも聞きました。それで大人になっても揚げた魚、ジャガイモ、ベイクドビーンズばっかり食べてたらそりゃ肥満になります。私の好きな料理家ジェイミー・オリバーは子供たちの食生活を憂いでいろいろと活動しているようです。実際に小学校に乗り込んでおいしくて栄養があってバランスのとれた給食を味わってもらったり。

では健康な体でいるためにはどんな食生活をすればよいのか。
記事にはこう書いてありました。
HOW TO STAY HEALTHY
Eat regular, balanced meals / 規則正しく、バランスよく
Eat at least five portions of fruit and vegitables a day / 1日5種類以上の果物と野菜を
Avoid foods that are very high in sugar and/or fat / 糖分や脂肪分の特に多いものは避ける
Eat less than 6g of salt/day / 塩分は1日6グラム以下
if you drink alcohol, drink it in moderation / アルコールは控えめに
For adults: 30minutes moderate activity five times a week / 大人は週に5回、30分程度の適度な運度を
For children: an hour a day of moderate activity / 子供は1日1時間、適度な運動を

当たり前だし一般的すぎて、イギリス人にはさらっと流されてしまいそうですよね。
それよりも
「フィッシュ&チップスは月3回まで」
「サンデーローストの付け合せは定番のジャガイモ、ニンジン、コーンはやめて生野菜に」
「体脂肪率○○%でないとパブで1パイント以上飲ませてもらえない」
とかどうでしょう?>イギリス政府

Medical Research Council の栄養学者 Dr Susan Jebbはこう言ってます。
"People don't choose to be obese. Everyone knows what to do, but when they get into a supermarket, they don't put that into aciton."

肥満にはなりたくないけど、スーパーに行くと、野菜や果物よりも、ついついビール、クリスプス(ポテトチップ)、チーズ、肉なんか買ってしまう。まあそういうお国柄のようですから急に肥満人口が減るようなことは期待できないかもしれませんね。
[PR]
by twotwothree | 2006-08-27 22:49 | health