カテゴリ:science( 6 )

Zero-gravity手術

c0092842_2341675.jpg

Zero-gravity surgery ‘a success’
A team of French doctors say they have carried out a successful operation on a human under “weightless conditions in an adapted aircraft. (27 September 2006, 14:32 GMT 15:32 UK)
飛行機で作られた無重力状態でのヒトの手術に成功した、とフランス人医師団は語った.

これは日本のTVニュースでも報道されていたので目にした人もいるかもしれない.最初に聞いたときは、無重力でないとできないような特殊な手術だったのだろうか、と思ったがそれは勘違いだった.将来、宇宙ステーションで働く人が病気になって緊急な手術が必要になった時を想定して試験的に行われたものらしい.

The trial is being seen as a first step to performing surgery in space. The doctors removed a benign tumour from the arm of a volunteer as their plane made a series of swoops to mimic a reduced-gravity environment.
この試みは宇宙での外科的手術の第一歩となる.医師らは飛行機の中で周期的にやってくる擬似的な無重力環境でボランティアから良性の腫瘍を切除した.

The medics and patient were strapped down for the procedure which was done inside a hygienic plastic tent. Specially designed instruments were fitted with magnets to attach them to the metal operating table.
手術は医師らと患者がベルトで縛り付けられた状態で衛生的なプラスチックテントの中で行われた.器具は金属の手術台に磁石で固定されていた.

なるほど無重力だから何もしないとメスやらハサミやらがふわふわと漂ってしまうのだ.ではメスを体に入れたときにどうしても出てしまう血液はどうするのだろう.液体だって水滴になって宙にただよってしまうに違いない.残念ながらこの記事には触れられていなかった.
The operation took no more than 11 minutes, with 31 zero gravity sequences lasting 22 seconds each.
手術は22秒間の無重力が31回繰り返された中で11分ほどで終了した.

つまり普通の飛行機が上下に波型に飛ぶわけである.落ちている22秒間に作業して、また上昇して、次の22秒間でまた・・・.かなり気持ち悪そうだ.ボランティアも医師らも事前にたっぷりと宇宙飛行士が訓練に使うようなマシーンで鍛えたらしい.
The next phase of the programme will be to carry out an operation using a robot controlled from the ground by satellite. This experiment should take place within a year, Mr martin explained.
次のステップは人工衛星を使って地上から操作できるロボットが手術を行えるかどうかだ.この実験は1年以内には行われるという.

まあオールマイティーな医者がいつも宇宙に駐在しているとは限らないからこういう技術も必要だろう.それにしてもテクノロジーというのはまさに日進月歩なのだ.

-------

benign tumor : 良性腫瘍
swoop : 急襲する
hygienic : 衛生的な
parabolic : 放物線の
[PR]
by twotwothree | 2006-10-03 23:03 | science

種(たね)ってすごい!

c0092842_0284462.jpg

Seeds 200 years old breathe again
Seeds which have been stored away since the time of George III have been persuaded into new life.( 19 September 2006, 23:08 GMT 00:08 UK)
ジョージ三世の時代から貯蔵されていた種に新しい生命の火が灯った.

Scientists from the Millennium Seed Bank, operated by the Royal Botanic Gardens at Kew, have induced seeds from three species to germinate.
キュー・ガーデンズで運営されているミレニアム種子銀行は3種類の種を発芽させた.

They had been brought to Britain from South Africa by a Dutch merchant in 1803, and were found in a notebook stored in the National Archives.
それらの種は1803年にオランダ商人によって南アフリカからイギリスに持ってこられたもので、国立公文書館で保管されているノートの中に発見された.

南アフリカの喜望峰から、数ヶ月から1年かけてイギリスにやってきて、その後はタワー・オブ・ロンドン(ロンドン塔)に200年弱、保管状態がよくなったのはここ10年でそれまでずーっとあまり良くない環境にあった、そんな種が芽吹いたこと非常に驚いている、と関係者は語っているそうな.

芽を出したのは3種類の種。Legume(マメ)とprotea(ヤマモガシ??)とacacia(アカシア)。どうやって発芽させたかというと、

The Cape region is regularly visited by fire, which is a signal to germinate. So scientists mimicked the effects of fire by chipping off the hard coats of some seeds, and bubbling smoke over others.
ケープ地方は定期的に山火事に見舞われていて、それが発芽のシグナルとなっている.そこで研究者はこの山火事の効果を真似て、硬い殻に傷をつけたり、煙の中に置いたりした.

それで32個の種のうちやっと3個が出芽したそうです。なかなか面白いですね.

でも200年前、という年数だけみると、もっとすごい記録があるんだそうで、アメリカでは500年前のハス、イスラエルでは2000年まえのマツの例があるそうです.

でもちょい待ち。

日本でもちゃんと記録があります。弥生時代のハス(2000年前)を発芽させなんと開花までさせた例があるのです.発芽させた大賀一郎博士(東京大学農学部教授)の名前をとって「大賀ハス」と名付けられています。今では日本のあちこちでその大輪が見れるようです.詳しくはこちらへ→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%83%8F%E3%82%B9

2000年もの間、生命の設計図が壊れずに残されている。なんだか悠久のロマンを感じてしまいます.

さて、話を戻して今回発芽に成功したこれらの植物をその後どうするのか?

When the plants are older, the Kew scientists plan to make genetic and genomic analyses, and compare the old plants with modern-day equivalents, perhaps showing how Cape species have changed and adapted over the last two centuries.
大きくなったら、遺伝的解析を行い、現在のマメやアカシアなどと比較することになっている.おそらくはケープ地方の種(しゅ)が200年の間にどのように変化して環境に適応していったのかが分かると思われる.

大事に育てて欲しいものですね。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-21 00:29 | science

未来の石油になるか?

c0092842_102577.jpg

Biofuels look to the next generation
Biofuels are being hailed by politicians around the globe as a salvation from the twin evils of high oil prices and climate change. (18 September 2006, 10:29 GMT 11:29 UK)
高価であることと気候変動という2つの欠点から石油を救済するために世界中の政治家の間でバイオ石油が歓迎されている.


Biofuel(直訳して生物石油?)とはなんぞや?と思って読んでみました。簡単にいうと植物から得るエネルギーのようです。簡単すぎてよけい分かりませんね。作り方については詳しい記述がありませんでしたが、現在ではヒマワリや飼料用トウモロコシが原料としては最適だそうです。

まだまだコストパフォーマンスは悪く、現実味は薄いのですが、開発への投資の動きもあるようです。イギリス政府は2006年初頭に石油会社にこんな要求をしています。「バイオ石油を2010年までに現在の石油と軽油の売り上げの5%にまで上げること」。現実味は薄いといってもあと4年で売り物にしなくてはならないとはなかなかキツイのではないでしょうか。でもこのままでは京都議定書のCO2排出制限に沿えなくなるということですから新たな技術に頼るのもいたしかたない、というところでしょうか。

ちなみに現在の技術では、バイオ石油を燃やして生じるCO2と、それを作るために育てた植物が吸収したCO2はトントンなんだそうです。世の中すべてバイオ石油を使うようになったら、大気中のCO2濃度は一定のままなんでしょうか???

面白いのはバイオ石油生産の理由が国によって異なること。アメリカではブッシュ大統領が石油の輸入を減らすために奨励していて、一方ヨーロッパ諸国は環境の側面がより強いようです。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-20 01:01 | science

捕鯨問題に敏感な欧米

c0092842_0334072.jpg

Iceland to begin whalemeat trade
Iceland is to begin exporting whalemeat from its scientific whaling programme. (6 September 2006, 12:34 GMT 13:34 UK)
アイスランドは科学的な調査を目的として捕らえたクジラの肉の輸出を開始する.


国際的な取り決めで基本的に捕鯨は禁止されていて、認められているのは科学的な調査を目的とした調査捕鯨のみ。日本同様アイスランドも調査捕鯨をしている。これまで調査捕鯨で得たクジラ肉は国内で売られており、輸出はされていなかった。調査捕鯨でアイスランドは今年60頭のミンククジラを捕獲。こんかい はこれをデンマーク領のフェロー諸島に輸出するということです。

これに反対しているのが、環境保護団体。Convention on the International Trade in Endangered Species (Cites)に照らし合わせるとこの行動は違法であると言ってます。このメンバーに入っている国は、リストアップされている絶滅危機種のプロダクトに関しては、ちゃんとした制限を設けなければ輸出入を禁止することになっています。アイスランドは制限を設けているのですが、フェロー諸島を統治領にもつデンマークはそれをしていないことが今回問題となっているようです。デンマークがフェロー諸島のために動くのかどうかが鍵だということです。

こういう国際的な条約に批准するかしないかは、そう簡単な問題ではないのでしょう。どのくらい法的な拘束力があるかもあいまいなような気がします。アメリカは京都議定書に批准しないけど、別に罰則があるわけじゃないようですから。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-20 00:35 | science

地球温暖化は海水面を上げるだけではないのです

c0092842_1143031.jpg

Disease ‘migrates’ as world warms
Climate change is exacerbating the spread of infectious diseases, according to new research.
新たな調査によると、気候の変化は感染症の拡大をより悪くしている。

地球温暖化によって、これまで一部の地域に限られていた感染症が拡大しているというニュースです。これは夏がより暑くなったことよりも冬の寒さが緩んだことが大きな原因だと考えられているようです。細菌やウイルスを媒介する小さな昆虫などの生息可能地域が拡大したということなのでしょう。

One organism on the move is Vibrio vulnificus, which can cause severe illness – and in some cases death – inhumans ,the research found.
It only grows in worm waters, such as those in the Gulf of Mexico – but has now been reported as far north as the Baltic Sea in Europe, and killed one person in Denmark.
時には人間を死に至らしめるVibrio vulnificus(おそらく細菌の一種)が移動していることが分かった。この細菌はメキシコ湾のような温かい水中でのみ生息できるが、ヨーロッパのバルト海と同じくらい北の地域でも確認されているし、またデンマークではこれが原因で一人死亡している。

And Congo Crimea Haemorrhagic Fever – which causes bleeding from the skin, mouth and nose – had also began to appear in areas where it was previously unknown, Professor Hunter said.
皮膚、口、鼻から出血する原因となるコンゴ・クリミア出血熱が、これまで見られなかった地域で出現している、とHunter教授は語る。


怖いですね~。
私の住んでるところは標高200メートルくらいあるので、南極の氷が解けて海面が70メートル上昇しても沈まないぞ~、などととぼけたことを言っている場合ではありません。

これはNorwichという場所で開かれたThe Festival of Scienceで発表されたのですが、その席でこんなことを言っている人もいます。

“We almost certainly can’t stop” climate change.
“We probably can slow it down a bit and we should certainly try, but broadly, the main thing we are going to have to do is to adapt. The rich countries should help the poor counties to adapt – as well as helping them to introduce less energy-intensive technologies.”

最後の一文はなんとなく先進国(こういう言い方も好きではないですが)の身勝手な発言に聞こえてしまいますが、それはともかく。気候変動はもう止められないから、それに適合するようにしていかなくちゃいけないんですね。

自分自身たった一人、会社まで移動する手段に毎日クーラーをつけた自動車を使っていることに罪悪感を覚えた記事でした。(でも結局何もアクションを起こさないままなんだろうな・・・)。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-05 01:10 | science

20年目のオゾンホールは?

Ozone hole stable, say scientists
Leading scientists in the United States say the hole in the ozone layer of the Earth's atmosphere above the Antarctic appears to have stopped widening.

アメリカの最先端の科学者によると南極上の大気のオゾン層にあるホールの広がりは止まった模様だ。


オゾン層は人、動物、植物に有害な紫外線をブロックする働きを持っている。1986年にオゾンホールが発見されたとき、CFCs(cholorofluoro carbons)と呼ばれる、オゾンを壊す化学物質の使用を廃止することが国際的に合意された。

CFCs使用廃止から20年。

最初にその存在について警告を発した科学者たちのうちの2人がワシントンで行われた学会で「オゾン層は修復されつつある」と発表したらしい。「まだまだやるべきことはたくさんある」そうだが、でも「楽観的な見通し」なんだそうだ。

へー、いいことではないですか。

ところでなぜCFCsがオゾン層を破壊するのか、そのメカニズムについてこの記事に書いてありました。オゾンというのは三つの水素原子でできてます。H2は水素分子だけどオゾンはH3ってことですね。でもエアロゾル式スプレーや冷蔵庫などにつかわれているCFCの類が成層圏にまで上っていくとそこで太陽光線によって分解されるのです。分解によって遊離した塩素(Cl)や臭素(Br)が持っている触媒作用によってオゾンが破壊されるのだそうです。

ついでにいうと、オゾンというガスは地表から30キロ(19マイル)上空にある成層圏で作られるそうです。ガスがうまれるのと分解してなくなるのと、そのバランスがつりあっていれば問題ないんですが、人間の営みのなかで作り出される化学物質によってそれがくずれてしまっているというわけです。

そのバランスがいい方向に動いている。
やればできるじゃん、ってことですね。

でも一方で禁止されたCFCsの代わりに使われだした無害の物質が、今度は地球温暖化(grobal warming)の一因になっているとか。

なんとも罪深い生き物であります。人間は。

Anyway, オゾンホールの拡大がストップしているということで、最近気になる私の顔のシミの拡大もストップする・・・?

Wed23August2006 05:37UK
[PR]
by twotwothree | 2006-08-25 00:26 | science