オレンジジュースは日本の裏側から

c0092842_1191169.jpg

Brazil feels the squeeze in juice war
Luiz Fernando Catapani gestures proudly at the groves of Pera Rio orange trees that stretch away to the horizon on his family's huge farm, deep in the heart of Sao Paulo state.(Thursday, 21 September 2006, 22:45 GMT 23:45 UK)
サンパウロ州の中心で、地平線にまで広がるオレンジ畑を前にしてLuiz Fernando Catapaniは誇らしげだ.

タイトルにセンスを感じる.(というかただの駄洒落なのか・・・?) 日本の場合、新聞はもちろん、各紙のウェブサイトでも記事のタイトルは真面目.洒落っ気があるタイトルにはなかなかお目にかかれない.

さて記事の内容だが、これはブラジルのオレンジが今や世界シェアNo.1である、というもの.ちょと意外な感じがするが、フロリダが世界一という時代はもう昔のことらしい.
Sainsbury’sやTescoといったUKのスーパーマーケット(懐かしい!)に置いてあるテトラパックにはブラジル産の表記があるが、一般の消費者はオレンジジュースの中身がどこから来ているのかは知らない.もし聞けば、普通の買い物客はフロリダだと答えるだろう.でもサンパウロがフロリダに追いついて、世界一のオレンジジュースの産地となったのは1980年代に遡る.
ここでたまたまあった自宅の冷蔵庫のMinute Madeオレンジジュースのパッケージをチェックしてみたが、どこにも産地の表記が無かった・・・表記の義務は無いのか・・・?忘れなければ時間のあるときにコカ・コーラのHPでチェックしてみたいと思った.
“The only place in the world where they place a lot of emphasis in the juice’s packaging on its Brazilian origin is the South Korean market. In other countries, it’s really not known that Brazil is the biggest producer worldwide.”
ジュースのパッケージに、産地はブラジルと強調して表記しているのは世界中で韓国だけだ.他の国ではブラジルが世界最大の産地であることはあまり知られていない.

へえ.韓国とブラジルってあまり接点がないように思うので意外.
Brazil now has 48% of the world orange juice market, pushing US growers into second place with just 37%. But the rivalry between the top two producers has tuned sour, with both sides accusing each other of unfair trade practice.
ブラジルは今やオレンジジュース市場の48%を占め、USを37%で第二位に押しやっている。しかし両者の競争意識は悪化し、お互いがお互いに貿易上の不平等を唱えている。
この後は関税問題(tariff troubles)のことや労働力のことが書かれていたがややこしいので省略.
[PR]
by twotwothree | 2006-10-03 01:12 | business


<< アホウドリ保護は大賛成だけど・・・ 多い?少ない?クジラの災難 >>