まいごのクジラくんの話

c0092842_1133816.jpg

Lost Thames whale had arthritis
The whale which lost its way and became stranded in the river Thames in January, was suffering from arthritis, scientists examining its remains said. (2006/9/4, 11:28 GMT 12:28 UK)
今年1月にテムズ川に迷い込んでにっちもさっちもいかなくなったクジラは関節炎を患っていた、と死体を調べた研究員は語った.

もうだいぶ昔の話だと思っていたけど、あれは1月の話だったのか。巷でも大きなニュースになりました。迷子のクジラくん。捕まえて海に帰そうという試みは結局うまくいかずにクジラくんは死んでしまいました。救助活動のふがいなさに世間は冷たい反応でした。当事者は一生懸命やってたのにね。でその後、迷子の原因?死亡の原因?などを調べていたわけで、その結果が発表されたということです。

The curator of the Natural History Museum, Richard Sabin, who has been examining the whale’s preserved bones for the past eight months, said the creature may have been in a lot of pain. “We found pitting on her atlas vertebra, which joins her spine to her skull. It’s a degenerative joint disease which in humans is called arthritis. Deep-diving whales put their skeletons through lots of punishment,” he said.
保存されている骨を8ヶ月間調査していた自然史博物館の学芸員、リチャード・セイビンは次のように語った。「このクジラはとても痛がっていたかもしれない.我々は背骨と頭蓋骨を繋ぐ脊椎にくぼみを見つけた。悪化の一途とたどる関節の病気で、人では関節炎と呼ばれるものだ.深く潜るクジラの骨は何度も衝撃を受けている」.

えーっとこういうことが分かるまでなんで8ヶ月もかかるのか疑問ですが、それは置いておいて。
リウマチや変形関節炎は一般的に年配の人がなりやすいイメージがありますね。このクジラくんはいったい何歳だったのでしょう?体長は19.2フィート(5.85メートル)、という情報はあるのですが、年齢の情報は載っていませんでした。

悠々と海を旅しているのだとばかり思っていたのですが、クジラだって深く潜ることで体に負担がかかっているんですね。ちょっと見方が変わりました。

ところで今気が付きましたが、学芸員は”her”という単語を使っていますね。ということはメスだったのかな?

だから年齢の情報がないのか・・・(笑)

このニュースに関連して、アイスランドの捕鯨問題のニュースも取り上げようと思ったら、今日はもう時間切れ。また明日以降にピックアップします。
[PR]
by twotwothree | 2006-09-08 01:14 | England


<< 捕鯨問題に敏感な欧米 やっぱりジェイミー・オリバーに... >>